KBCほいくえん

MENU

保育内容 保育内容

保育内容

CONTENTS

株式会社キッズベースキャンプは「子育てが楽しい、子どもを産み育てたいと思える社会の実現に貢献する」をミッションとして、家族と子どもたちの未来のために、地域から社会を変える変革に挑戦しています。
KBCほいくえんでは、働く保護者様の負担を少しでも軽減し、安心して便利にご利用いただけるよう、以下のようなサービスをご提供しています。

サービス

SERVICE

  • 駅近で、送迎に便利

    駅近で、送迎に便利

    通勤途中に送迎しやすいように、立地にこだわり、利便性の高い場所に開設しています。駅上・駅近な立地は、急な発熱などの緊急の際にも、すぐに迎えに行けます。

  • 紙おむつ、寝具等を当園にてご用意

    紙おむつ、寝具等を
    当園にてご用意

    おむつ、シーツ等、保育園で必要になるものを準備するのは大変です。KBCほいくえんでは、紙おむつ、おしりふき、食事用エプロン、寝具を当園でご用意いたします。

  • 延長料金不要

    延長料金不要

    開園時間は、7時30分から20時30分までです。延長料金は、かからないので、延長時間を気にしてお迎えに行く必要はありません。

  • 出欠連絡、登降園管理のICT化

    出欠連絡、登降園管理のICT化

    保護者が、携帯電話(スマートフォン)から、登園・欠席・遅刻などの連絡をすることができます。タイムリーかつ確実な情報のやりとりが可能です。

  • 園内にて給食調理

    園内にて給食調理

    管理栄養士が栄養バランスを考え、園内の給食室にて調理をしています。アレルギーにも対応しております。また、夕食もご用意できますので、残業がある日も安心です。(別途料金)

  • 土曜保育の実施

    土曜保育の実施

    追加料金不要で、土曜保育も行っております。仕事や冠婚葬祭などがあっても、安心して預けることができます。

民間学童保育キッズベースキャンプのプレキッズクラブ

民間学童保育キッズベースキャンプのプレキッズクラブへの優先入会

学童保育システムをそなえたアフタースクール、民間学童保育キッズベースキャンプの入会料が無料(レギュラー会員)になります。

民間学童保育キッズベースキャンプとは?

プログラム

PROGRAM

KBCほいくえんで育む力

多彩なイベントプログラムや日常生活を通し、自己肯定感などの「自分軸」や、
表現力・コミュニケーション力などの「社会軸」を育んでいきます。

KBCほいくえんのプログラムとねらい

  • 農業体験

    田植えや収穫体験など、年間を通じて様々な農業体験を企画しています。土や緑とふれあい、子どもたちは食べ物や生き物の大切さを実感します。さらに共同作業をすることで、社会性を育んでいきます。

    感性 , 生命尊重 , 人間関係形成力
  • アトリエKBC アトリエKBC

    工作などの創作活動を通して、子どもの自由な発想力や表現力を伸ばします。子どもたちが楽しみながら取り組めるように、身近にある素材、珍しい素材を使用したイベントを用意しています。

    創造力 , 表現力 , 感性
  • KBCイングリッシュ KBCイングリッシュ

    外国人の先生と触れ合う機会を提供します。外国語や異文化に触れ親しむことで、子どもたちの世界観を拡げる入口や、コミュニケーション能力を伸ばすきっかけを作ります。

    知的好奇心 , 表現力 , コミュニケーション力
  • リトルMBA リトルMBA

    職業体験やお店屋さんごっこを通じて、様々な職業に触れていきます。自分と社会の“つながり”を知っていく、キャリア教育プログラムを行っていきます。楽しみながら、様々な体験を重ねて、自発的・自主的な活動を促していきます。

    知的好奇心 , 社会形成力 , 自立心
  • KBCにあそびにいこう KBCにあそびにいこう

    学童保育を運営するキッズベースキャンプだからこそできる地域交流のひとつです。近隣のキッズベースキャンプと連携し、様々なイベントを通じて、小学生のお兄さんやお姉さんと交流を行います。学齢が離れた子どもたちとの交流を経て、子どもにとっての「社会」を拡げながら、社会性やコミュニケーション力を培います。

    人間関係形成力 , コミュニケーション力
  • 食育教室 食育教室

    日常的に子どもたちと触れ合い、子どもたちへ食の大切さを伝えていきます。栄養士が食育に関するイベントを開き、本物の野菜に触れてみるなど、食べ物の育ち方を学びます。食べ物を身近に感じ、食へのありがたみを感じ、作ることの楽しさを学んでいきます。

    道徳性 , 感性

ページトップへ